私がクラリネットを始めたのは中学校の吹奏楽部でした。元々音楽は好きで、色々習ったりもしていましたが、将来やることになるとも思わず、楽しくやっていました。そのうち、クラリネットを専門的に学んだことのある先生が部活の顧問になり色々教えていただき、アンサンブルコンテストに出たりしているうちに、みんなで吹くのも楽しいけど、ソロっていいな、一人で吹いてみたいなと思うようになり、ソロコンに出ました。その時から、プロの演奏家の先生のレッスンを受けはじめて、若くて何も知らない私は深く考えずに、でもとても強く将来仕事としてやりたいと思ってしまったのですね。

その後は未熟な自分にとっては本当に大変な道のりだったのですが、今日まで続けていることはやっぱり大変でもすごく好きなことだからと思っています。

レッスンとは私にとって、自分が成長するための大切な時間でした。

今はこれまで私が中学生のときから現在まで、挑戦し迷い、時には失敗し、今もなお学び続けている、クラリネットと音楽を、これまでの経験を元にお伝えし、生徒さんひとりひとりにとっていい方向に向かえるよう、お手伝いができたらと思っています。

趣味の方も、将来音楽家を目指す若い方にとってもレッスンが楽しく大切な時間となりますように頑張っていきたいと思います。